人間がリーダーであることを認識させる

犬のしつけは、人間がリーダーであることを認識させることが重要です。
したがって、飼い主が愛犬に対してきちんとしたリーダーシップをとる必要があります。
犬は元来群れを組んで行動する習性があり、そのために群れはリーダーを作ります。
そして犬の群れはリーダーに服従して行動します。

 

現在家庭で飼われている犬は群れで行動していた本能を持っているので、
飼い主がリーダーだと犬に理解させることがしつけの基本なのです。
飼い犬は飼い主とその家族が自分がいる群れだと思っていますから、
ワンちゃんを観察すると分かりますが、ワンちゃんは自分なりに飼い主と家族に順位をつけているのです。

 

最悪なのは、ワンちゃんがリーダーは自分だと思い込むことで、そうなるとしつけは極めて難しくなります。
食事を催促する時に吠えるのが「ご飯を頂戴」ではなく
「ご飯を用意しろ」と言うことになるとお手上げになります。

 

また、例えば両親と子供がふたりの四人家族の場合、飼われているワンちゃんは家族の行動を見て、
誰が一番、誰が二番とランクづけをしますから、小さな子供の言うことを無視したりもします。
つまり犬は犬なりに利口なのです。

 

 

■犬に飼い主がリーダーだと認識させるポイント
犬が家庭でのランキングでは一番下位なのだ、つまり飼い主がリーダーだと認識させる
ポイントは、動物の原始的な本能である食事です。
ですから食事はまず、家族が先に摂るようにします。

 

家族が食事をしていると犬も食事を欲しがりますが、
催促吠えをしたからと、すぐに食事をあげてはいけません。
すぐに食事を与えると、犬は家族と同じ立場にいると勘違いしてしまいます。

 

 

■犬と遊ぶ時のリーダーは飼い主だと認識させる
愛犬と飼い主や家族が遊ぶことはしばしばあります。
この時のポイントは、遊んであげるのであり、犬に遊んでもらうのではないことをしっかり区別しましょう。
すなわち遊びの主導権は飼い主にあるのだと犬に認識させることが必要です。
ボールなどを投げて遊ぶ時に、投げたボールを拾った犬が、
きちんとボールを持って帰ってきたら、遊びを終わりにします。

 

 

■犬の散歩は犬の気が向くようにしない
犬を散歩させるのは必要なことですが、この際のポイントは、
犬が散歩の主役ではないと認識させることです。
たいていの場合、ワンちゃんは喜んで散歩に出たがりますから、
時にはリードを引っ張って、自分が行きたいところへ行こうとします。

 

しばしば街で見かけるのは、散歩は犬のためというような散歩の仕方です。
これは褒められたことではありません。
散歩のタイミングはワンちゃんにあるのではなく、飼い主にあると考えましょう。
もちろん玄関から出るのも玄関に入るのも飼い主が先です。

 

 

■可愛くても犬と飼い主は別々に寝ること
犬の飼い主の中にはワンちゃんと同じ寝床で寝る人がいるでしょう。
その気持ちは分かりますが、しつけと言う点では考えものです。
つまりワンちゃんと寝床が同じだと、ワンちゃんは飼い主をリーダーだとは思わず
仲間だと勘違いするのです。
ですから、いくら愛犬が可愛いからと言ってもワンちゃんとは寝床は別々にしましょう。
すなわち犬と飼い主とは違うのだときっぱり一線を敷くことが必要なのです。

 

 

 

まとめますと、犬のリーダーは飼い主であり、
飼い主は自分に安全で快適な生活環境を確保してくれて、
食事も確保してくれる存在だということを、犬に認識させることがしつけの基本になるのです。