夜鳴きの吠え癖対策は?

犬も夜鳴きをする場合があります。

 

基本的には、寂しさが原因で夜鳴きをするケースが多いようです。夜鳴きは子犬に目立ちますが、成犬になっても周囲の状況がいきなり変化するなどすると、夜鳴きをする可能性が高くなります。

 

■夜鳴きには構わない
「催促の吠え癖」と考え方は一緒です。安易に構ってしまうと「鳴けば寂しくなくなる」と感じてしまって、鳴き癖が悪化してしまいます。

 

心を鬼にして基本的には無視するようにしましょう。

 

 

■夜鳴きの吠え癖を消すには?
ケージの内部の環境を整えてあげてください。「ケージにいると一人になって寂しい」から吠える場合も多いので、その犬が好きな玩具などを、ケージの中に置いてあげるようにしましょう。
そうすれば、ケージの内部は楽しい場所になります。

 

そして、照明をほのかに付けておいた方が良いです。真っ暗では犬が怖がってしまうからです。

 

その他、寒くないか、暑くないか、トイレシーツは用意されているか、そもそもケージが小さくはないか、など細かい事にも気を付けましょう。

 

 

■夜鳴きは音楽でも改善できます
イージーリスニングなどの落ち着いた雰囲気の音楽を、リピート機能などで流しっぱなしにしておくと、夜鳴きが改善する場合があります。犬は非常に耳が良いので、音はかなり小さくて構いません。

 

その他、飼い主への依存心が強いと夜鳴きをしやすくなってしまいます。ですから、子犬の時期から一人でいるタイミングを作って、飼い主がそばにいない状況に慣れさせるようにしましょう。

 

 

ただし、疾患が原因で鳴く場合もありますから、どうしても夜鳴きが改善しないのであれば、動物病院に行きましょう。