無駄吠えをしつける前にやるべき対策

無駄吠えを止めさようとする前に、飼い主としてもきちんと対処をしておきましょう。

 

犬は環境の変化などを繊細に察しますから、無駄に吠えないような環境へと整えてあげることが大事です。

 

例えば、チャイムやインターホンの音に強い警戒心を抱く犬の場合は、チャイムやインターホンの音が聞こえると激しく吠えるケースが多いです。

 

 

そのようなケースでは、一例として「慣らさないで下さい。犬が吠えてしまいます」などと書いた紙を貼っておくことを推奨します。さらに「ご用件はTELでお伝えください」とも記しておくと良いと思います。

 

 

 

通行者やお客さんを目にすると吠えるというのであれば、それを視界に入れないようにしてあげましょう。

 

まず、タオルや布などをハウスやケージをかけます。そして、カーテンを閉める事で、外の通行者が見えないようにします。

 

 

特に、散歩に出ているときは犬は、他の人や犬に対して吠えやすいものです。犬を抑えることが困難になり、吠えやすくなってしまうので、伸縮性の高いリードも用いるのは止めておいた方が良いと思います。

 

 

そして、犬の大きさや年齢、そして犬種によっても適切な散歩の頻度や時間は異なります。それを見誤まって、活力を発散させる場を与えずにいると、吠えやすい状態になってしまいます。ですから、程良く散歩に連れていきましょう。

 

 

また、犬のエサの準備を視界に入る場所で行っていると、待てなくて吠えてしまうケースがあるはずです。ですが、このような場合でも「待て」や「お座り」のしつけが行き届いていれば、無駄に吠えることはないはずです。

 

このように、頭ごなしに無駄吠えを叱る前に、済ませておくべき予防策は様々に存在します。

 

ですから、まずは犬の気持ちと行動理由を把握して、無駄吠えをする必要のない環境作りを進めていきましょう。その事がちゃんとできてからでないと、しつけをしてもあまり意味がありません。

 

 

人気の無駄吠え対策グッズ「ワンブル」、「しつけくん」はこちら